なまえがないの・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 抱くならやっぱりユニゾンボディ

<<   作成日時 : 2014/12/16 17:08   >>

トラックバック 0 / コメント 6

先日…我が家の4年落ちユニゾン・スペックSボディを治療に出す為、遠路はるばるユニゾンショールームまで行って来ました。

目的は他にもあり、私がかねてより切望していた【肩すぼめ】の出来る新型ボディに触れること。

提案してから約4年?遂に実用化し、更には肩関節の上下…つまり撫で肩や怒り肩まで可能という、プラスアルファなサプライズを用意する所が、このメーカーの凄い点。

実は、更にもうひとつのサプライズも用意されていたのだが、それは後述する事に…それはもう、肩関節の進化を凌駕する衝撃でした。

画像


ヘッドとボディの色のアンマッチはご愛嬌ということで…

このAL-Rボディは、とにかく関節が動かし易い。力まずポージングが出来た。

そして当然ながら、旧型ボディで見られた『ギギギ』という関節可動音は改善されていて、他社同様に無音でした。

画像


撫で肩。

今までのハンガーみたいな両肩が、華奢な乙女チックに。これにより、若干体格が良く見えていた上半身がスッキリと見える様になりました。

画像


肩すぼめ。

画像


上から見ると分かり易いかな?
この関節可動は、横向きで添い寝させた時に威力を発揮するでしょう。

画像


肩反らせ。
ただ後ろで手を組んでいるのではなく、肩を反らせ、胸を張りながら手を後ろで組んでいるのです。

これら動作が、力まずに出来てしまうのだからあっぱれ…。

造形を変えずに、ただひたすら関節の進化だけで10年もの間、営業をしてきているユニゾン。それがユーザーに受け入れられてきているのだから、この方針は正解だったのでしょう。

ただ願わくば、ユニゾンボディの欠点である【二の腕の短さ】と【鳩胸】が改善されれば、ぶっちぎりで他社を引き離せるのだが…

これは嫌われるのも覚悟で、それはもうくどいばかりに言って来ました(笑)なにせ、今の切望なのですから。

で…今、鳩胸について指摘しましたが、この写真をご覧下さい。

画像


従来のユニゾン鳩胸ボディ、安定の鳩胸。

で、次に掲載するのが、若干、鳩胸ではなくなっているボディ。

画像


うーん、写真だとあんま変わらないなぁ…実物は、本当にほんの僅かだが、鎖骨下から垂れる様にして胸への隆起へと繋がっている。

実はこれが、訪問して初めて知らされた更なるプラスアルファのサプライズだったのです。

まだ公式発表されてないと思いますが…今日羅列した関節構造を搭載し、従来のAL-RスペックSをも超える柔らかさを纏ったものが、このスペックSSボディだそうです。

余りに柔らかすぎて、鳩胸部分が垂れて来て、皮肉な事に、それが欠点を若干ながら改善してしまった。

経年変化で、程よい形にエロく垂れるのではないか?との楽観的観測も。

金型変えてないのに造形が変わるなど、なんてズルい(笑)

胸の柔らかさは、もうつきたてのモチです。

フォーウッズのポヨンポヨン、オリエント・タイタンフレーム3のプニっという感触とはまた違う、モチモチモチッした揉み応え。

指が難なく沈み込みます。だってモチだもの。

掴んで伸ばしたり、揉みしごいたり出来ます。

また驚いたのは、この胸の柔らかさが、ほぼ近い感じで全身のシリコンに及んでいるという事!

肩を抱き寄せた時、触れた指が、シリコンに沈み込む感触といったら…

あとは膝枕ですか?これは低反発枕として使えます。安眠、間違い無し。

お隣には、私が購入したタイプと同じの、2014年式AL-RスペックSが置いてありましたが、比較してみると、発売当時はそれはもう驚愕した柔らかさが色褪せる程の違いです。

余りに柔らかいため、ヘッドを装着する際に、ジョイント付近のシリコンを引きちぎってしまわぬ気遣い、また部屋から持ち出すのは危険といった注意点や制限はどうしても課せられてしまいますが、このモチモチ感は、それら制限があっても欲しい一品です!

余談ですが、ユニゾンボディは実践向きです。私の経験上、他社製品に比べ非常に抱きやすい。
(私は16年前より、実に様々なドール…ほぼ全メーカーのドールを購入しては実践をし、今に至っています。その経験上での比較です)

これはホール挿入口の向きやら、ボディの形状やら、何やらで、気軽に抱けて気持ちがイイのです。

だから、これ程までに柔らかいボディを手にしたら、毎日お猿さん状態になる事は容易に想像出来ますね。

使い慣れた古いボディを修理し、大切に使い続けるも良し、これを機に新型に買い換えるのも良し。

非常に頭を悩ませてくれますが…今日という日は、シリコンの劣化ですっかり色が抜け、かつての輝きを失いつつあっためぐが、再び生気を取り戻した、実に深い意味を持つ1日となった事は間違い無い様です。
アンケートモニター登録

月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
わかりやすいレポートありがとうございます。
ほしい‼の一言ですね。
ボディーによって、めぐちゃんの表情が
変わって見えるのも、不思議と言うか、
当然なのか?深いですねこの世界
ではでは。
LA
2014/12/16 22:38
LAさんへ
ご無沙汰です!コメントありがとうございた。
そうなんですよ、表情がまるで違って見えるんです。それも写真毎に。
新たな生命宿したのでしょうか?この撫で肩&柔らかボディは、いつも見慣れたパートナーを、更に輝かしく見せてくれました♪

2014/12/19 20:49
堅さん、どうもこんばんわですう。
怒濤のSR訪問お疲れさまでした。

いやぁ、しかしssが出るなんて聞き捨てならない情報ですね(笑)
先が楽しみです(^^)
ブリ
2014/12/22 20:19
ブリさんへ
コメントありがとうございます!はい、近々発表がある事でしょう。あの全身がつきたてのモチみたいな感触は、
実践派にはたまらないボディとなる事、間違いなしです。
ただ撮影メインの方には不向きかな?

2014/12/23 09:03
【二の腕の短さ】と【鳩胸】が改善されれば、ぶっちぎりで他社を引き離せるのだが…腕の短さは軽量化に大切ではないでしょうか。大賛成です。鳩胸もいいですよ。
 等身大女体人形商店街
miho kasumi
2015/02/14 14:20
等身大女体人形商店街さんへ
コメントありがとうございました。
なるほど、伸ばした分、シリコン重量が増す…確かに一理ありますね!
あ、サイト訪問させて頂きました。各社の細かなデータが掲載されていて、とても参考になります。これからも閲覧させて頂きます。

2015/02/17 09:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
抱くならやっぱりユニゾンボディ なまえがないの・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる